今日は誕生日なので自分を褒めます! 
eien_001



十年前はわたくしの本音の唯一の吐露場所としてブログが機能してたのですが、もう「twitterで呟けば気がすむし、作品の告知はpixivがあるし」となって幾数年。あと、本格的に勤め始めてからは、会社でもそれなりのテキストを日々生産しているので、ブログにはほぼほぼ触らなくなってきちゃってたんですよね。

まあこういうのは勢いなので今日はブログで自分を褒めます。

●商業活動が一旦途絶えた時の話
page0003
 
自意識高い感じで理由をこねくりまわすのも面倒なので素直に書きます。
書いても載らないし、載せた先から雑誌はなくなるし、単行本の話は必ずポシャるしで、辛いなーって思ったので離れました。

それだけです。ほかは何を付け足しても枝葉です。単純にエネルギー切れしました。

●その後並行して創作同人やってた時の話
しずむちゃんsweets_epub0009
これも実際は商業の話とつながってて、同人でやってたのを単行本にしないか、って話がポシャった時にやっぱりエネルギー切れしました。
アイデアはあったけど形にする気力がなくて。

●そんで二次創作同人に移動した時の話
シンデレラマジック
 
イキイキしてましたね!!
元々音ゲー関連でweb同人はずっとやってたけど、
それをメジャージャンル(と言えるはず!)でやることによる読者数のブースト、
更にそこに自分の元作品への愛やら解釈やらを突っ込めば突っ込むほど作品に厚みが増す快感!
やればやるほどプラスになる。
よかったね…またやりたいね…

●創作同人に戻ってきた話
名称未設定-2
 
で、一昨年末、本格的には去年の夏コミから、戻ってきました。オリジナル創作同人に。
正直な気持ち、いますごく充実してます…

何もかもが手にしっくり来る感じで本が作れてるし、それに対するリアクションも全面的に素直に受け止められる。

先日のコミティア115で、時間にしてちょうど13時半くらいですかね。唐突に思いました。
漫画作って読んでもらうのってこんなに楽しいんだなーって。
まるで今までが楽しくなかったみたいな言い方ですけど、そうではなくて。
楽しかったしやりがいもありましたよ。それなりに誇りもあった。
でも「ちょうどいい実感」を得られたのはホントその時が初めてだったかもって感じなんです。

「描きたいものを描いて、それを読んでもらえて嬉しい」って、言葉にすると簡単だけど、こういうことかーって。

●なんで創作同人に戻って来たのか。
re_tenshi_030
 
理由はいろいろありました。

・勤めたので収入が安定した=印刷費に怯えず生活にも(それほど)困らなくなった。
・いろいろあって二次創作に(心残りは大分あるものの)区切りをつけることになった。
・商業にこだわらなければなんだって作れる、っていう当たり前の事に気づいた。

でも一番大きいのはこれです。
・人生の折り返しを過ぎたかもしれないと思ったら、描きたいものは全部描かないといけないと思った。

死に際に「あれも描きたかったこれも描きたかった」って思いながら死ぬのいやだなーって思ったら、もう、今やらねば今後もやらないぞ!!!って思ってしまって。
なのでやることにしたんですよ。

「思いついた事は全部漫画にする」というのを、時間をかけてでもやっていこうと。
「時間がかかるから今はやらない」という精神は極力ぶん殴って消していこうと。

そうと覚悟を決めたら、なんか、客観的な評価はともかく、自分としてはすごく充実感のある漫画が描けたし、それがすごく嬉しくもあったんですね。
少女エイエンがその最初の本になりました。

●そして今どうなのか
tenshi_0271
 
まあほんと漫画楽しいですね…大変だけど。大変だけど楽しいです。
妄想を形にできるのってほんといいですね…

「思いついた事は全部漫画にする」

これを満たすためにはいくつか意識を変える必要があって、
まずは、会社勤めを犠牲にしないこと。
ここを犠牲にすると、結局、会社でのデザイナー精神と、自宅での同人作家精神がどちらも中途半端になって、その板挟みで自分のメンタルが消耗していく。
だから会社をテキトーにすることはもうしまい、と決めました。

そしたら後は漫画をいかに効率化するかです。
今は第一弾のステップを積み上げつつある。
「ページ数を減らす」です。
「俺も天使と踊りたい」も「絶許のマジカ」も、それまでの自分の感覚だったら最低60Pは必要な感じなんだけど、28に収めました!ようやった!そしてまだやれる!!

次のステップは1P漫画をtwitterにアップする、みたいなのを頻繁にやれるようにする事ですねー。
これは先々の展望を考えるに必須スキルかなーと思っております。言うは易くですが。やっていきますよ。

●これからどうするのか
名称未設定-1
 
素直な欲望ベースで書きます。

もっと読まれたい。

そのためにはどうすればいいか?
コミティアで作品をコンスタントに発表し続けるのもひとつ、
先ほど描いたtwitterなんかに単ページ漫画をアップするような話もひとつ。
sakuranbo
こういうやつこういうやつ。

現状の当サークルの規模感を率直に書きますと、コミティアでは大体30冊~70冊くらいをいったいきたりなのですね。
コミティア平均値を考えれば全然上出来ではあります。
ただ、結局は在庫との戦いが延々続いてますし基本は赤字。
これが現状の自分の実力数値でもありましょうよ。
で、例えばpixivに上がってる一部の漫画は(二次創作ブースト込みながら)1万を超える読者さんがいる。
これを安定して取れるようになりたいなーと。 

「それってつまり商業じゃないの?」
というのも当然考えはするのですが、考えるだけで、そこが道なのかどうかは正直もうよくわかんないなー、って思っています。
基本的に本は出ないものだし。出てもいつか土台ごと消えるものだし。
そこに気持ちを注ぐよりは、まず描きたいものを描くという事に今は集中したいし、その気持ちだけで全然描ける。体力はしんどいなーと思うことありますけど。まあ故に作画は常に効率化を狙いたいですね。
とにかく、描きたいものを描くのに遠慮をしないと決めたのだから
次は「もっと読まれたい」事についても嘘なく進めたい。
そのために必要なことを出来ることからやっていきたいなと。 

●俺よくやった
 eien_082
よくこのモードに戻って来れたよと、今日は自分を褒めてやりたい。
頼まれなくても勝手にやって面白い、っていう原点ですよね。この年齢でそこに戻ってこれたのはでかいよー。
幸いにも会社の仕事も概ね順調に楽しくやれてるし。会社移ってほんとよかった。
頑張ろう。もう素直にそれだけだわー。

●宣伝です 
コミティア、コミケで出した本は基本comic zinさんに委託しておりますので、
pixivとかでいい感じと思った方は今すぐ購入をおすすめします!絶対面白いので!!

↓comic zin サークル「日々の暮らし」委託ページ。まとまってて便利!
http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=3248

ze001
 とりあえず手近なところでは「絶許のマジカ」


 
その前は去年11月の新刊「俺も天使と踊りたい」

tenshi_hyoushi_01
と「少女エイエン」
eien_hyoushi_marge_01
いやーこれ割と、全部面白いと思ってるので、ほんとぜひぜひ。
同人誌買うのってそれだけでちょっとハードル高いとは思うんですけど、電子化とかちょっともう少し細かく工夫していきますので。どうぞよろしくおねがいします。

kindleストアもあるんですが、こちらは正直現状のままかな…と。
↓鈴木フルーツkindleストア
http://www.amazon.co.jp/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84/e/B00CK9U33I/ref=sr_ntt_srch_lnk_1?qid=1454425315&sr=1-1
kindleで読めるメリットって個人的にもかなり大きいのですが、まあとにかく同人レベルで考えると取り回しが悪くて。pixiv接続のboothの方が読者さん的にもよっぽど買いやすいんじゃないかなーと思ってます。
なので上記三作はとりあえずboothにも卸しますね。おまちくださいませ。

次はとりあえずまたコミティア、のちコミケかなー! 
ソシャゲ業界漫画も賞味期限来る前に形にしたい!
がんばります!そして必ず面白いっすよ!